« アルファギークは感動的な映画の夢を見るか0131_043904_2809 | トップページ | 現代感動的な映画の乱れを嘆く0210_060015_4452 »

2017年2月10日 (金)

薬剤師免許を取るには何通りかの道すじが

薬剤師免許を取るには、何通りかの道すじが挙げられます。薬剤師免許を手にするためには、国家試験を受験しなければならないのですが、いきなりは試験をうけ指せて貰えません。受験資格を手にするために薬剤専門学校(3年間)か薬剤系短大(3年間)、または、薬剤系大学のいずれかで、薬剤に関して勉強(効果を定着させるためには、繰り返し復習することが大切です)する事が必要だという訳です。キャリアアップを考えて転職を検討する薬剤師も少なくありません。



http://www.tunzale.com/diary/転職組を問わず薬局事情から/
スキルを高めることで、高収入を狙うこともできます。


職場によって薬剤師の行うシゴトは異なるため、自分に合う職場を捜してみることは重要です。内科の外来が適しているという人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、前むきに転職していくのもいいかもしれませんね。

薬剤師が転職を考えるきっかけは、人間関係という人が大変多いです。女性がたくさんいる職場ですし、イライラしやすいこともあり、人と人との関係に頭を悩ませる人が多くいるのでしょう。その中には、パワハラ・いじめが転職する理由という人も存在します。


つらい環境でがんばってはたらこうとしてしまうと、健康を損ないますから、早く転職することをおすすめします。


結婚の時に転職をする薬剤師も非常に多くいます。



パートナーとうまくいかなくて離婚するよりは、転職する方が良いですね。今後、育児を行っていく気があるのなら結婚すると同時に、時間に余裕のあるシゴトへと転職をしておくと生活に余裕ができますね。ストレスが蓄積されていると子どもを授かりにくくなるので、気をつけましょう。

薬剤師の資格を得るための国家試験は、1年に1度行なわれます。薬剤師不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年における薬剤師資格の合格率は約90パーセントと非常に高い水準を保っています。薬剤師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格可能な国家試験です。薬剤職の人がジョブチェンジする動機としては、ステップアップと説明するのが良策です。たとえ事実であったとしても、元のシゴトで人との関わりが辛かったとか、賃金や労働時間などが実際のシゴトに見合わなかったとかの、否定的な事由だったりすると、わざわざ株を下げることになります。たとえ本音がそうだとしてもストレートに伝えることはないですから、できるだけ意欲的なイメージの志望内容を表明して下さい。

薬剤士になりたい動機は本当に何をきっかけにして薬剤師を志望するようになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。

転職の場合、その理由は今までに身につけたスキルを活かしたいより人の役に立つ技術を学びたいなど、前むきな印象を人にもたせられるようにすることが大事です。



以前の職場への批判などは口にしないほうがいいです。薬剤師が転職する時のポイントは、新しいシゴトを見つけてから辞めたほうが良いですね。加えて、3ヶ月程掛けて念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。
急いで転職してしまうと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、要望した条件を満たす職場を注意深く確認し探すようにしましょう。
このため、自らの条件をハッキリと指せておきましょう。

産業薬剤師は健康に働けるように従業員に保健指導とかうつ病を防止するための精神的なケアも行います。


産業薬剤師の募集は、一般公開されていないので、ハローワークなどで見つけるのは不可能ではないかと思います。
興味のある方は薬剤師専用の転職ホームページがありますので、それをご利用下さい。薬剤士転職ホームページには、産業薬剤師の求人などもけい載されることが多いです。



薬剤師の国家試験にパスするよりも、断然、薬剤学校を卒業する方が難しいと感じる人も多いのです。薬剤学校はかなり厳しく、レポートの提出が遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年指せてしまうようです。


それほど厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひとも薬剤師のシゴトについてほしいものですね。

« アルファギークは感動的な映画の夢を見るか0131_043904_2809 | トップページ | 現代感動的な映画の乱れを嘆く0210_060015_4452 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事